壁の中にいたねずみ駆除後は予防の対策も必要

壁に住み着かれると家は一気にもろくなります。 壁に住み着かれると家は一気にもろくなります。

壁の中にねずみの居場所を作らない~対策方法~

作業員男性

駆除業者に、壁の中に住んでいたねずみを駆除してもらった後は、再び住み着かれないように対策を練りましょう。完璧にねずみ駆除をしても、またどこからかねずみがやってきて住み着くことも無いとは言いきれません。再度、ねずみ駆除が必要になるのを防ぐためにも、予防をきちんと行なった方が安心です。

壁の中や家がねずみの住処にならないためには・・

ねずみの再発予防で最も重要なのは、片付けです。ねずみは隠れやすい場所に好んで住む傾向があり、散らかっている家はまさに絶好の住処といえます。また、巣作りは布や紙切れなどのゴミを用いて作ることもあるので、これらは普段からなるべくきれいに片付けておきましょう。また、生活ゴミを家の外に出していると、そこからねずみがやってきて住み着く可能性もあります。そうなった場合、すぐに侵入されて、壁の中などに住み着かれてしまいます。

侵入と住処を与えないための有効な対策法

壁の中に入らないように修理する
壁の中に住み着かれたくないのであれば、壁の中に入られないようにすることが肝心です。破損している箇所を修繕し、入り口を作らなければねずみが壁の中に住み着くリスクは大幅に低下します。
整理整頓をする
ねずみが隠れやすい場所を好む理由は、警戒心が強いからです。そのため、ねずみに住み着かれないように、こまめに整理整頓をしておきましょう。また、家の中を綺麗にすると同時に、侵入できそうな場所がないかなど細かいところまでチェックするといいです。この慎重さがねずみにとってはプレッシャーとなるため、住み着きにくくなります。
残飯を残さない
残飯は食事になる他、匂いにつられてやってくるねずみを増やす原因になってしまいます。そのため、残飯処理は非常に重要です。生ゴミは袋に詰めるなどして臭いを防ぎ、ゴミ箱もきちんと蓋を閉め切ることができるものを選びましょう。

TOPボタン